展覧会 Exhibition

Current Exhibition 開催中の展覧会

木彫り熊の申し子 藤戸竹喜 アイヌであればこそ

木彫り熊の申し子 藤戸竹喜
アイヌであればこそ

2021年7月17日(土) - 9月26日(日)

入館チケットはローソンチケットで販売

アイヌ民族の彫りの技術を受け継ぎ、独自の木彫の世界を創造した藤戸竹喜(ふじとたけき・1934-2018)。北海道美幌町に生まれた藤戸は、熊彫りを生業としていた父の下で木彫を始め、1964年、30歳の時に阿寒湖畔に自らの店を構えて独立します。繊細さと野性味をあわせもつその作品は、熊や狼、鹿、フクロウなど、北海道に生息する動物たちの躍動感あふれる姿や、北に生きた先人たちの威厳ある姿を、臨場感豊かに表現しています。本展は、藤戸竹喜の生涯にわたる創作活動の軌跡を代表作約80点によってふりかえります。

Next Exhibition 次回の展覧会

小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌

小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌

2021年10月9日(土) - 11月28日(日)

入館チケットはローソンチケットで販売

鳥取の光徳寺住職の長男として生まれた小早川秋聲(こばやかわしゅうせい・1885-1974)は、9歳で京都の東本願寺の僧籍に入り、その後、画家を志し、谷口香嶠や山元春挙に師事、文展への出品を重ねながらヨーロッパやアジアにも遊学するなど、多くの研鑽を積みました。従軍画家として度々中国等へ赴き、1944年、将校の死を弔って描いた《國之楯(くにのたて)》は異彩を放つ1点です。本展は、初期の歴史画から、初公開の戦争画、晩年の仏画まで、百余点で小早川秋聲の画業を見渡す初めての大規模な回顧展となります。

Upcoming Exhibitions 今後の展覧会

ハリー・ポッターと魔法の歴史

2021年12月18日(土) - 2022年3月27日(日)

ハリー・ポッターと魔法の歴史

Past Exhibitions 過去の展覧会

もっとみる

閉じる