公益財団法人 東日本鉄道文化財団
 
旧新橋停車場 鉄道歴史展示室 旧新橋停車場 鉄道歴史展示室
  展覧会のご案内 ご利用案内 常設展示物のご案内
     
トップページへ戻る
東京ステーションギャラリー
旧新橋停留場 鉄道歴史展示室
鉄道博物館
美術講座
俳句でエール!
上野の森・杜の都コンサート
地方文化事業支援
伝統空間撰集
国際交流事業
出版物
青梅鉄道公園
財団アーカイブス
 
鉄道歴史展示室は、旧新橋停車場駅舎の再現に合わせて開設された、
訪れた方どなたにも気軽にご利用いただける無料の展示室です。
日本の鉄道発祥地である汐留の歴史をご紹介するとともに、
明治期に日本の近代化を牽引した鉄道の発展と影響を、様々な事物を通じてご覧いただけます。
 
第34回企画展
世界文化遺産登録1周年記念 「富士山と鉄道」
 
会 期  
2014年4月8日(火)〜7月21日(月・祝)
会 場  
旧新橋停車場 鉄道歴史展示室

〒105-0021 東京都港区東新橋1-5-3
電話 03-3572-1872

会場地図

  JR新橋駅「銀座口」より徒歩5分

  都営大江戸線汐留駅
  「新橋駅方面改札」より徒歩3分

  東京メトロ銀座線新橋駅
  「2番出口」より徒歩3分

  都営浅草線新橋駅
  「JR新橋駅・汐留方面改札」より徒歩
  3分

  新都市交通ゆりかもめ新橋駅
  改札より徒歩3分

開館時間 10:00〜17:00
       (入館は閉館の15分前まで)

休館日 月曜日
  ただし祝祭日の場合は開館、
  翌火曜日が休館
入場料  
無料
 
【内 容】

我が国の名峰「富士山」が、世界文化遺産に登録されてから1年が経とうとしています。本展では、富士山の文化史における交通史の観点から、特に鉄道との関わりについてご紹介してまいります。

「富士山に一番近い鉄道」富士急行大月線の前身を辿ると、明治後期に開業した馬車鉄道にさかのぼり、富士山北口から富士山を目指した当時の人々に利用されてきました。その後、富士山麓の交通網は急速に整備されてゆきますが、東京から富士山麓へ向かう鉄路は、中央本線を利用し大月駅を経由して富士吉田駅(現・富士山駅)へ着くルートが最短で、昭和9年より直通列車が運行され富士登山や山麓探勝への便宜も図られてきました。

そして、このルートの結節点でもある大月駅は、「日本で一番富士山が美しい街」山梨県大月市に所在しますが、大月市内から富士山の景色が望めることをご存知でしょうか。大月市主催で開催されてきた『秀麗富嶽十二景写真コンテスト』の入賞作品を通じて、いにしえより旅人の目を楽しませ、心を惹きつけてきたすばらしい眺望をご実感いただけましたら幸いです。

   

富士講上衣(大木家資料)
江戸〜明治初期
山梨県立博物館 蔵


絵葉書「歌ふ坂一本松の富士」
明治末期
白土貞夫 蔵




絵葉書「大月停車場より岩殿山を望む」
大正6年
大月市郷土資料館 蔵



富士登山廻遊券
明治40年〜大正9年
鉄道博物館 蔵



ポスター「日帰りで富士登山」
昭和25〜31年
鉄道博物館 蔵












行先表示板
昭和50年代
沼本忠次 蔵


 
☆ 最新情報はスタッフブログでもお知らせしております。ブログはこちら ☆
 
 
 
旧新橋停車場 鉄道歴史展示室 アーカイブス
  旧新橋停車場 鉄道歴史展示室で開催されたこれまでの展示会の記録をご覧いただけます。
第1回
第2回
第3回
第4回
第5回
第6回
第7回
第8回
第9回
第10回
第11回
第12回
第13回
第14回
第15回
第16回
第17回
第18回
第19回
第20回
第21回
第22回
第23回
第24回
第25回
第26回
第27回
第28回
第29回 第30回
第31回
第32回
第33回            
 
 
 
お問い合わせ先

旧新橋停車場 鉄道歴史展示室
tel. (03)3572-1872
〒105-0021 東京都港区東新橋1-5-3


取材対応
東日本鉄道文化財団
tel. (03)5334-0623  fax. (03)-5334-0624
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-2-2

港区ミュージアムネットワーク当施設は港区ミュージアムネットワーク加盟館です。
 
 
 
 
免責事項等   個人情報保護について   English   中国語
 
 
Copyright East Japan Railway Culture Foundation.All rights reserved.