明治期に日本の近代化を牽引した鉄道の発展と影響|旧新橋停車場

旧新橋停車場駅舎の再現に合わせて開設

どなたにも気軽に利用いただける無料の展示室です。日本の鉄道発祥地である汐留の歴史をご紹介するとともに、明治期に日本の近代化を牽引した鉄道の発展と影響を、様々な事物を通じてご覧いただけます。

第49回企画展

明治150年記念 NIPPON 鉄道の夜明け

明治150年記念
NIPPON 鉄道の夜明け

2018年12月18日(火)〜2019年3月3日(日)

2018年は、日本の元号が「明治」と改められて満150年の節目の年にあたります。アメリカのペリーの浦賀来航、ロシアのプチャーチンの長崎来航などの後、日本は開国へと動きはじめ、やがて動乱となり、265年続いた徳川の時代が終わります。この頃、蒸気機関車の模型が日本へもたらされ、海外で鉄道を目の当たりにした日本人たちがいました。偶然、海外に漂流した者、外交上の使節として派遣された者、各藩から渡航した者など、立場はそれぞれでしたが、鉄道との出会いは大きな驚きでした。時代が明治にかわり、中央集権体制を確立しようとした時、明治新政府は鉄道の必要性を痛感します。しかし、鉄道建設の為の技術も物資もありません。そこでお雇い外国人を招聘して鉄道建設を開始。そして1872(明治5)年、新橋〜横浜間に日本で最初の鉄道が開業しました。

本展では、鉄道模型に刺激をうけた人々、外国で鉄道に乗車した人々の驚きと、その知識、情報、技術の導入とお雇い外国人の招聘、その後の自立した日本の鉄道をご紹介します。

次回の企画展

第50回企画展「貨物ステーション カモツのヒ・ミ・ツ」

2019年3月19日(火)〜6月23日(日)

休館日カレンダー
Calendar Loading
開館時間

10:00−17:00
※入館は閉館15分前まで

休館日

毎週月曜日(ただし、祝祭日の場合は開館、翌火曜日が休館)
年末年始(12月29日〜1月3日)
展示替え期間中
設備点検時

入場料

無料
※30人以上の団体は、事前にご連絡
ください。

お問い合わせ

旧新橋停車場 鉄道歴史展示室
Tel. 03-3572-1872
〒105-0021
東京都港区東新橋1-5-3

取材対応
東日本鉄道文化財団
Tel. 03-5334-0623 Fax. 03-5334-0624
〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-2-2

施設のご案内