木彫り熊の申し子 藤戸竹喜 アイヌであればこそ イメージ

木彫り熊の申し子 藤戸竹喜
アイヌであればこそ

2021年7月17日(土) - 9月26日(日)

入館チケットはローソンチケットで販売

休館日
7/19(月)、8/10(火)、8/16(月)、8/23(月)、9/6(月)、9/13(月)
開館時間
10:00 - 18:00
※金曜日は20:00まで開館
※入館は閉館30分前まで

Outline 展示概要

私は根っからの熊彫りです、親父の時代から。

北海道美幌町で生まれ、旭川市で育った藤戸竹喜(ふじとたけき・1934-2018)は、木彫り熊の職人だった父親の下で12歳の頃から熊彫りを始めました。まさかりで切った木の塊を渡され、それを自分なりに削る。父はそれを見て、気に入らなければ、火にくべてしまう。そんな繰り返しの中で熊彫りの技を習得した藤戸は、やがて阿寒湖畔に移り住み、この地で才能を開花させて、数多くの木彫作品を生み出します。
藤戸竹喜の作品の特徴は、大胆さと繊細さ、力強さと優しさといった、相反するものが同居していることにあります。一気呵成に彫り進められる熊や動物の姿は、まるで生きているかのように躍動し、旺盛な生命力を感じさせる一方で、仕上げに行われる毛彫りは細密で、硬い木であることを忘れさせるような柔らかな質感を生み出しているのです。また、アイヌ民族の先人たちの姿を等身大で彫った作品群は、精緻な写実的描写の中に、威厳に満ちた存在感を示しており、見る者を深い感動に誘うことでしょう。
本展は、その初期から最晩年にいたる代表作80余点によって、この不世出の木彫家、藤戸竹喜の全貌を、東京で初めて紹介する機会となります。

《語り合う熊》2018年、個人蔵、撮影:佐藤克秋

《全身を耳にして》(部分)、2002年、鶴雅リゾート(株)蔵、撮影:佐藤克秋

《木登り熊》2017年、個人蔵、撮影:佐藤克秋

《川の恵み》(部分)、2000年、鶴雅リゾート(株)蔵、撮影:佐藤克秋

熊からすべてを教わった。

藤戸竹喜は制作にあたって一切デッサンすることがありませんでした。丸太に簡単な目印を入れるだけで、あとは一気に形を彫り出していく。それはあたかも木の中に潜んでいる形が予め見えていて、それをただ取り出してやっているだけ、というかのようでした。
藤戸はこの能力を、ただひたすら熊を彫り続ける中で身につけました。繰り返し、繰り返し彫ることで、熊の形態を、熊を取り巻く空間を理解していったのです。

《白熊の親子》(部分)、1999年、個人蔵、撮影:露口啓二

《怒り熊》1964年、(一財)前田一歩園財団蔵、撮影:露口啓二

《群熊》1967年、(一財)前田一歩園財団蔵、撮影:露口啓二

《鹿を襲う熊》1977年、個人蔵、撮影:露口啓二

アイヌに生れたことを誇りに思う。

17歳の時、藤戸は北海道大学植物園で狼の剥製を見て、「狼を作りたい」と父親に告げますが、父は「熊も一人前に彫れないのに何を言っているのか」と一喝。それ以来、狼を彫ることが藤戸の大きな目標となり、満足のいく狼を彫ることができた時には70歳になっていました。藤戸が80歳を過ぎて制作したのが〈狼と少年の物語〉です。狼(エゾオオカミ)は、明治29年頃に絶滅したといわれ、「動物とアイヌと和人の物語を残したい」という藤戸の強い願いが込められた作品でもあります。
80歳を超えてなお藤戸は、旺盛な制作活動を続け、2017年には北海道と大阪で大規模な個展も開催。さらなる活躍が期待されましたが、2018年、84歳で惜しまれつつ亡くなりました。アイヌ民族として、熊彫りとして、誇りをもって生きた人生でした。「アイヌであればこそ」は、父親の言葉で、藤戸も同じ気持ちを受け継いでいました。

左から《日川善次郎像》1991年、《杉村フサ像》《川上コヌサ像》1993年、3点とも個人蔵、撮影:佐藤克秋

《遠吠えする狼》2018年、個人蔵、撮影:佐藤克秋

《狼と少年の物語》2016年、個人蔵、撮影:佐藤克秋

Information 基本情報

入館料
入館チケットは原則として日時指定の事前購入制(ローソンチケットで販売)
ただしローソンチケットの残数に余裕のある場合に限り美術館で当日券を販売

一般 1,200円 高校・大学生 1,000円
※中学生以下無料
※障がい者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)
※無料に該当する方、すでに入館券(招待券など)をお持ちの方は、直接美術館へお越しください(予約等不要)
※サービス券や会員証のご提示で割引をご希望の方は、美術館でチケットをご購入いただくことになりますが、すでにチケットが完売しているなどの理由で入館をお断りする場合があります
※混雑回避のため、団体割引やその他一部割引の使用を中止しています。詳しくは「割引・キャンペーン」ページをご確認ください
※チケットの販売状況に関するお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください
チケット購入
ご来館前に日時指定のローソンチケットをご購入ください
販売期間 2021年6月28日(月)10:00 ~ 9月26日(日)17:00
ローソンチケットのご利用ガイド

購入方法

インターネット予約のうえ開館前に発券(引取期限にご注意ください)
◇全国のローソン・ミニストップ店内に設置されているLoppiにて購入
◇Lコード=36117(7月入館券)、36118(8月入館券)、36119(9月入館券)
*ローチケ電子チケットアプリには対応していません

入館時間枠は下記よりお選びください

※予約枚数に達し次第売り切れ
  1. ①10:00~11:00
  2. ②10:30~11:30
  3. ③11:00~12:00
  4. ④11:30~12:30
  5. ⑤12:00~13:00
  6. ⑥12:30~13:30
  7. ⑦13:00~14:00
  8. ⑧13:30~14:30
  9. ⑨14:00~15:00
  10. ⑩14:30~15:30
  11. ⑪15:00~16:00
  12. ⑫15:30~16:30
  13. ⑬16:00~17:30
  14. ⑭金曜のみ17:30~19:30

【注意事項】

  • ・チケットは各日の各入館時間枠の開始後30分までご購入いただけます[例:7/17(土)10:00~11:00の入館チケットは7/17(土)10:30まで販売]。ただし、インターネット予約の場合は各入館時間枠開始の3時間前までの予約となります[例:7/17(土)10:00~11:00の入館チケットは7/17(土)7:00まで予約可能ですが、必ず7/17(土)10:30までにお引き取りください]。
  • ・一度にお一人様2枚まで購入可能です。
  • ・入館料が無料に該当する方はチケットの事前購入は不要です。
  • ・すべてのチケットに購入者の名前が印字されます。必ず正しい氏名・電話番号のご登録をお願いします。
  • ・ご来館前に必ずチケットの受け取りをお済ませください。
  • ・本展は入替制ではありません。指定した入館時間枠内であればいつでも入館できます。
  • ・指定した入館時間枠以外のご利用はできません。ただし、やむを得ない事情で指定時間に遅延された場合は、券面記載当日に限り入館を許可します。
  • ・新型コロナウイルス感染拡大防止措置等の理由で臨時休館する場合を除き、お客さま都合によるチケットの日時変更、および払い戻しはできません。
  • ・営利目的でのチケットの転売は、いかなる場合にも固くお断りします。
主催
東京ステーションギャラリー[公益財団法人東日本鉄道文化財団]