歴史と未来をつなぐ東京駅の美術館 | 東京ステーションギャラリー

■朝の鑑賞会

開館前の展覧会解説

黄金の深淵《黄金の深淵》
1969年、タピオ・ヴィルカラ ルート・ブリュック財団蔵
Tapio Wirkkala Rut Bryk Foundation’s Collection / EMMA - Espoo Museum of Modern Art
©KUVASTO, Helsinki & JASPAR, Tokyo, 2018 C2396

5月10日(金)、5月12日(日)、5月25日(土)
9:30〜(約30分)
参加費
無料(要別途入館料)
各回25名 事前申込制
申込方法
4月27日(土)以降の開館時間中に当館まで電話(03-3212-2485)でお申込みください。

■レンガ・タッチ&トーク

レンガが特徴的な当館のたてもの解説

■レンガ・タッチ&トーク [レンガが特徴的な当館のたてもの解説]
5月22日(水)、6月5日(水)
15:00〜(約40分)
*1階エントランス集合
参加費
無料(要別途入館料)
各回15名

○当日1階受付でお申込みください。

■「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」展  記念イベント
 なぜ、今、日本で、ルート・ブリュックなのか *定員に達したため受付を終了しました。

三つ編みの少女(ルート)《三つ編みの少女(ルート)》1948年、タピオ・ヴィルカラ ルート・ブリュック財団蔵
Tapio Wirkkala Rut Bryk Foundation’s Collection / EMMA - Espoo Museum of Modern Art
©KUVASTO, Helsinki & JASPAR, Tokyo, 2018 C2396

4月27日(土)
17:00 - 19:00
会場
THINK OF THINGS(東京・千駄ヶ谷) 2F
TOT STUDIO

*当館ではありません。
登壇者
マーリア・ヴィルカラ(ルート・ブリュック長女、現代アーティスト)
皆川明(ミナ・ペルホネン デザイナー)
ファシリテーター
成相肇(東京ステーションギャラリー学芸員、本展担当)
参加費
税込2,000円
*「ルート・ブリュック展」チケット1枚付
70名(要事前申込)
申込方法
Peatixにてチケットをご購入ください。
(3月27日 00:00より販売開始。先着順)