参加作家

安藤 栄作

二つの路線が合流して三角形のホームをつくる浅野駅には、天空から神々が舞い降りる三 つ目の路線があります。ホームのあちこちに人々を守る神々が見え隠れしている。鉈を振 るって自然木の内側に潜んでいる生命を喚起、造形化する木彫家の彫刻を並べます。

作品展示駅 浅野駅

電車の時刻表

略歴

1961
東京都墨田区生まれ
1986
東京芸術大学彫刻科卒業

大学卒業後、植木屋のアルバイトをきっかけに破棄される木と手斧で彫刻を作り始める。 1990年に本来の空気や水を体に取り込むため、福島県いわき市の山中に移り住む。 2006年からは同市の海沿いに制作の場を移し、海の波動と光を浴びながらひたすら彫刻 を作り続けている。

主な展覧会歴

2007
「Breeze of Soul 安藤栄作展」エキジビション・スペース(東京)
2005
「アジアの潜在力・海と島が育んだ美術」 愛知県立美術館
2003
「N.E.blood 21 Vol.6 魂に架ける梯子・安藤栄作展」 リアスアーク美術館
2001
「ヴァイブレーション・結び合う知覚」 宇都宮美術館
「アボリジニに捧ぐー森の人からのメッセージ 安藤栄作展」 いわき市立美術館
他、個展グループ展多数